表面

ニッケルフープメッキ

ニッケルフープメッキとはフープ加工法によるニッケルメッキのことを指します。腐蝕しにくいというのはその特徴の一つです。ニッケルフープは自動車や電気電子などの産業分野でよく使われています。

ニッケルは金属元素のひとつで、ニッケルを含んだ材料は日常生活で大きな役割を果たしています。例えば調理器具や携帯電話、医療器械など、幅広く使用されています。他の材料と比べて、耐食性が高くて、高温や低温での強度が高いという特徴が備えています。金属ニッケルを用いると、「ニッケルメッキ」という耐摩耗性の高い装飾皮膜や工学皮膜が得られます。

世界のニッケルの生産量は2004年の131万ドンから2013年の253万ドンまで増加しました。その中インドネシアとフィリピンの生産量が世界トップとなって、2013年の生産量はそれぞれ85万ドンと31万ドンでした。中国ではニッケルの資源が少なくて、外国への依存が強いです。2013年のニッケルの生産量は約9.2万ドンでした。使用量からみれば、世界のニッケルの使用量は2004年の127万ドンから2013年の183万ドンまで増加しました。中国では使用量が最も多くて、世界の半数以上占めています。中国以外はアメリカ、日本、韓国、ドイツのニッケルの使用量もかなり多くて、世界の2位~5位となります。

画像引用元:https://baike.baidu.com/pic/%E9%95%8D%E9%92%9B%E8%AE%B0%E5%BF%86%E9%92%A2%E5%9C%88/8905794/1814940/f9198618367adab49efa14e38bd4b31c8701e46c?bk_fr=view_album

資料引用元:https://3g.163.com/money/article/ALL6H7TM002555DG.html#adaptation=pc

筆者:孔德珩

2019年4月19日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com