テスト

大量生産の特徴

生産運営管理は生産運営システムの設計、運行、メンテナンスの過程であり、生産運営活動の計画、作業組織とコントロールを含む。

経営管理は、ますます戦略的で統合的な管理に発展しつつある。最終的な分析では、企業の発展は製品の市場競争力に依存し、生産管理管理の結果は製品の競争力において決定的な役割を果たしている。だからこそ、生産運営と生産運営管理は新たな競争優位の戦略兵器として注目されている。

 

画像引用元:https://zhidao.baidu.com/question/1305875806653880539.html

 

さて、大量生産は以下のような特徴を持っている。

1.製品開発の段階において、まず市場研究者は新製品のアイデアを提供し、そして異なった分業の設計者が設計し、図面を別々に描き、最後に製造業者が製造工程を考察する。

2.生産段階では、装置を専用化し、作業を細分化し、各プロセスの労働者は独自のタスクしかなし遂げないとともに、生産の継続性を確保するために原料、予備部品や製品の十分な在庫を維持する必要がある。

3.完成段階では、検査員が製品の品質を検査し、不合格品を生産部門に返却して修理したり、やり直したりし、完成品を倉庫に大量に積んでいる。それは大量にコストを削減し、刺激需要の拡大を促し、さらに大量の拡大をもたらすために単一の品種(少数の品種)が大量に生産される基本的な発展パターンである。

このような生産方式は製品の大量、迅速な生産を実現し、生産量の拡大に伴ってコストを減少させ、日増しに増加してきた社会需要にも満足させる。しかし、それも生産プロセスが煩雑で遅く、労働分業が細かすぎ、労働者は深く専門的なスキルを持ち、柔軟性に欠けるという欠点がある。

資料引用元:

http://auto.eastday.com/a/180809223714640.html

https://zhidao.baidu.com/question/568839337.html

https://zhidao.baidu.com/question/1305875806653880539.html

筆者:孔靖茵

2019年4月16日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com