組立

産業機械組立の四大方法


機械組立とは、設計の技術要求に従って機械部品または付属品の接続を実現し、機械部品や付属品を機械に結合することである。それは製造過程の最後の一環で、組立、調整、検査とテストなどの仕事が含まれている。

以下は機械組立の四大方法のご紹介である。

 

画像引用元:http://sucai.redocn.com/kexuejishu_4150295.html

 

修理配置方法

組立の中では、組立の効率を低くなり、単品の小ロット生産に適用する大型の精密な機械組立の中で応用が多くなるのため、ヤスリ、研ぎものとスクレーパーなどのツールを使用し、部品の寸法、形状と位置を変える。修理配置方法は手作業によって、鑢、研磨、削ぎ落としなどの工法を応用し、他の部品のサイズ、形状と位置を変え、結合を規定の精度まで到達させることは組立効率が低く、単一の小ロット生産に適し、大型、重型と精密機械の組立の中で応用されることが比較的に多い。整備方法は手作業に頼ることが多く、組立労働者に高い技術水準と熟練度を要求する。

調整方法

組立の中では、組立の精度を達成するために、個別部品の位置を調整したり、補償部品を加えたりする。よく使われている調整部品にはねじ部品、傾斜部品、偏心部品などがある。補償部品にはガスケットや位置決め輪などがある。この方法は単一部品と中小ロット生産の構造が複雑な製品に適用される。

互換方法

組み立てられた同じ部品は交換して組み入れることができるが、組み立てられる時には選択を加えずに調整や修理をしてもいいである。このような部品は加工公差が厳格であり、部品公差の和は組立精度の要求に適合するべきである。この互換方法は主に自動車やトラクターなどの大量生産の組立に適している。

選択配置方法

大量生産の高精度部品、例えばベアリングなどの製品に対し、加工経済性を高めるために、常に精度の高い部品の加工公差を緩和し、実際のサイズによっていくつかのグループに分け、対応するグループ内で協力して交換組立を実現する。

資料引用元:

https://zhidao.baidu.com/question/1446235517685115580.html

https://zhidao.baidu.com/question/419995160.html

http://sucai.redocn.com/kexuejishu_4150295.html

筆者:孔靖茵

2019年4月16日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com