加工

タッピング加工に注意すべき点

ネジ加工はネジを作る工具を使って切削、ねじ切り、フライス削り、研削などのプロセスを採用してワークにネジを加工するプロセスで、一般的には成形工具または研削加工の方法を指し、ねじ切り、フライス削り、攻糸、絹糸、研削、研削、竜巻切削などがある。ねじ切り、フライス削り、研削ねじの場合、ワークが回転するたびに、工作機械の駆動チェーンはねじ切り或いは砂車輪が部品の軸に沿って正確かつ均一に1つの導程を移動することを保証する。タップやスリーブの場合、工具(円錐または板歯)がワークと相対的に回転し、先に形成されたねじ溝によって工具(またはワークピース)が軸方向に移動する。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/螺纹加工/5446630

タップはクランプ金属切削の重要な内容の一つであり、線、穴、ねじ切りなどの一環を含む。タップは三角形ねじのみを加工し、2つ以上のフレームの接続に使用されているねじ山に接続されている。タッピング工具は主に円板歯と円板歯ヒンジがある。

タッピング加工には以下のことを注意しなければならない。

 タップを打つ前に必ずおねじの加工物の端部の頭部を15°〜30°の円錐角に倒す必要があり、円板の歯が円滑に円柱の中に入れることができて、円板の歯と円柱の芯が合うようにしなければならない。

②タップ操作はトルクが大きく、ワークピースをしっかりとはさまなければならないが、ワーク表面を損傷して外観に影響を与えてはならない。

③タップ操作では、丸板の歯を円筒に入れるために、最初は片方の手でゆっくりと手を回し、もう一方の手を円板の上の面に強く押す。円板歯と円柱の間の軸線は垂直であり、ねじ山の円柱上の濃淡現象を避けるように注意しなければならない。

④ねじ切りの過程でワーク、丸板の歯に潤滑性の切削液をよく入れて、ねじの表面の品質を改善して、板歯の寿命を伸ばさなければならない。

資料引用元:

http://www.aitmy.com/news/201602/24/news_113975.html

https://baike.baidu.com/item/攻螺纹/6112555

https://baike.baidu.com/item/螺纹加工/5446630

筆者:钟珮瑜

2019年4月17日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com