深セン/深圳

深センにいる在住日本人

深センは、40年前は人口が3万人しかいなかった小さな漁村であったが、今では1250万人の人口を持つ大都市に発展している。その成長はハイテク産業の発展に頼っている。この都市は「アジアのシリコンバレー」「ハードウェアの聖地」と呼ばれている。絶え間なく続く雇用の機会に人々が訪れ、新しい製品やサービスが誕生し続けている。

日本の駐中大使館関係者が「Oriental outlook」に対して述べたところによると、近年の中日間の貿易が急増し、両国の経済関係が密接になっていることが、中国に来る日本人の数が急速に増加している最も直接的な原因であると説明している。深センのこの都市の情熱は日本人を引きつけている。彼らは人生の未来を深センに期待している。では、彼らが目にした深セン、及び中国企業が世界的な成功を収めた理由は何だろうか。

ある日本人が深センに15年以上滞在し、深センの変化を絶見守っている。彼の名前は藤岡淳一(41)である。2001年、藤岡淳一は日本の大手企業を退職し、家電メーカーNHJに就職した後、深セン現地の製造業に勤務した。その後、彼は深センを拠点にして、タブレット、デジタルカメラ、スマートフォンなどの製品の製造に従事し始めた。

画像引用元:

https://baijiahao.baidu.com/s?id=1612725169595987337&wfr=spider&for=pc

「2001年の深センは今とは違う。」その時、深センには工場がたくさんあったが、今は都心がかつて密集していた工場から繁華街やオフィスビルに変わったと藤岡淳一は振り返る。「別の都市になったようです。」

日本では同じ製品を作ると深センよりはるかに高価になる。深センは製品の設計、部品の販売、金型の製作などの一貫した産業を形成して、多くの企業の激しい競争により製品のコストを下げているので、深センでは安い製品を作ることができる。藤岡淳一は深センの創造力にはイノベーションがあると考えている。

資料引用元:

https://baijiahao.baidu.com/s?id=1612725169595987337&wfr=spider&for=pc

http://news.ifeng.com/shendu/lwdfzk/detail_2013_12/23/32386193_0.shtml

筆者:钟珮瑜

2019年4月15日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com