組立

著しい経済効果がある産業用ロボット

産業用ロボットとは、人間の代わりに、工場での組み立てなどの作業を行う機械装置である。人間の指揮を受けることができ、前もって作ったプログラムの通りに作業することもできる。現代の産業用ロボットは人工知能「AI」が制定した原則によって作業することもできる。

 

画像引用元:

https://baijiahao.baidu.com/s?id=1609057586105028786&wfr=spider&for=pc

 

近年、中国のロボット分野が急速に発展している。2017年グローバルロボット市場規模は232億元にも達した、同期の中国市場規模は約62.8憶元だった。2012年から2017年までのグローバル市場平均成長率は約17%であり、同期の中国市場平均成長率は28%に達した。中国の産業用ロボットは連続5年世界一の応用市場となり、グローバル産業用ロボット市場の四分の一の割合を超えた。

なぜ産業用ロボットの需要がそんなに大きいかというと、その利点から説明するほうがいいだろうと思う。

  • 良い経済効果:産業用ロボットは24時間休みなく働き続けることができるので、生産性を飛躍的に向上させ、人件費を削減することもできる。著しい経済効果があるものだ。
  • 安全性が高い:工場はロボットを使うことによって、たくさんの生産に関する安全性問題が解決できる。仕事プロセスに不慣れ、疲労作業、ミスをするような個人原因による安全問題はすべて解決できるのだ。
  • 管理しやすい:企業は毎日の生産量をはっきり知ることができ、そして、できる生産能力に基づき、注文を受け、商品を生産するのだ。盲目的に産量を見積もること、或いは過剰生産のようなことを避けられる。それに工場にとって、労働者に対する管理より工場が毎日産業ロボットに対する管理のほうが便利であるのだ。

相関技術の進歩につれ、産業用ロボットは各分野により広く使われ、社会全体の生産性がさらに向上する見込みがある。

 

資料引用元:

http://www.imrobotic.com/news/detail/6492

https://baike.baidu.com/item/%E5%B7%A5%E4%B8%9A%E6%9C%BA%E5%99%A8%E4%BA%BA/1290396

http://lib.cqvip.com/Qikan/Article/ArticleReade?ArticleId=675633747&from=Qikan_Article_Detail

 

筆者:胡金成

2019年4月14日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com