部品

PCBの発展

PCB( Printed Circuit Board)はプリント基板とも呼ばれ、重要な電子部品であり、電子部品の支持体であり、電子部品電気接続の担体である。これは電子印刷術を用いて作られているため,「プリント」基板と呼ばれている。

プリントボードは単層から両面、多層、たわみに発展し、それぞれの推移を維持している。高精度、高密度と高信頼性の方向に絶えず発展して、体積を縮小し、コストを減らして、性能を高めるため、印板は未来の電子設備の発展工程において、依然として強大な生命力を維持している。

国内外の将来の印製板製造技術の発展動向に対する論述は基本的に一致し、即ち高密度、高精度、細孔径、細い導線、細間隔、高信頼性、多層化、高速伝送、軽量、薄型方向へ発展する、生産の面では同時に生産性を高め、コストを下げ、汚染を減らして、多品種、少量生産の方向に適応して発展する。

PCB業界は急速に発展している

改革開放以来、中国は労働力資源、市場、投資などの面での優遇政策のため、欧米の製造業の大規模な移転を引きつけ、大量の電子製品とメーカーが中国に工場を設立した。これによりPCBを含む関連産業の発展が促進された。

「世界工場」という名刺を除いて、中国は世界の電子製品の生産製造の最も重要な基地である。深センは中国の改革開放の窓口として、電子業界の規模が大きくて、補助能力が強くて、しかも産業集積効果が明らかである。深センのPCB業界は、三大差別化生産基地、大データ情報化プラットフォーム、先進的な生産製造工事設計システム、深い技術沈澱と人材蓄積に頼っている。

5Gシステムは2018年にはすでに少量の応用が始まっており,今後数年はPCB市場の大きな推進力となるであろう。2019年までに世界のPCB生産額は658億ドルに増加し、同3.5%増となる。2020年には世界のPCB生産額が718億ドルに達し、2024年に750億ドルを超えることが予想される。

画像引用元:http://www.sprintpcb.com/industry/f1f9e3ba-18f3-bda2-ba3b-5a6cda546e0a.shtml

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/PCB/146397?fr=aladdin

http://cloud.yesky.com/info/12/272977512.shtml

http://www.sprintpcb.com/industry/f1f9e3ba-18f3-bda2-ba3b-5a6cda546e0a.shtml

筆者:钟珮瑜

2019年4月12日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com