加工

汎用旋盤

旋盤加工は機械加工の一部で、主に二つの加工形態がある。一つは旋刀を固定し、回転中に未成形のワークを加工する。もう一つはワークを固定し、ワークの高速回転によって、旋刀(刃台)の横方向と縦方向の移動によって精度加工を行う。デジタル制御旋盤加工は通常制御システム、サーボシステム、検査システム、機械伝動システム及びその他の補助システムから構成される。旋盤は主に加工軸、盤、カバーとその他の回転面を持つ工作物に用いられ、機械製造と修理工場で使用される最も広い種類の工作機械加工である。

現代的な旋盤の加工の常用する材料はアルミニウム合金の材料で、アルミニウム合金の材料の密度は鉄と鋼の材料の密度に対してとても低くて、その上、旋盤の加工の難度は低くて、可塑性は強くて、製品の重さは大いに軽減して、旋盤の加工部品の時間を大幅に短縮した。そのため、コストの低下はアルミニウム合金が航空部品分野の寵児になった。

画像引用元:http://www.cncjmjg.com/xwdt/hydt/278.html

汎用旋盤には以下の特徴がある。切削プロセスは比較的安定している。断続面以外に旋盤加工は連続して行われる。フライスと削りとは違って、一回の切削過程で、刃歯は何回も切込み、切出している。非鉄金属部品の精密加工に適している。一部の非鉄金属部品は、材料自体の硬度が低く、塑性が優れている。

現在、自動化デジタル制御旋盤の発展は日進月歩で、高速化、高精度化、複合化、インテリジェント化、開放化、並列駆動化、ネットワーク化、極端化、グリーン化はすでにデジタル制御機械の発展の趨勢と方向になっている。自動車、国防、航空、宇宙飛行などの工業の急速な発展とアルミニウム合金などの新材料の応用に従って、自動化のデジタル制御の旋盤の加工の高速化の要求に対してますます高くなる。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/车床加工/2872929?fr=aladdin

http://www.cncjmjg.com/xwdt/hydt/278.html

http://www.chinaautosupplier.com/newslast-74505.html

筆者:钟珮瑜

2019年4月10日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com