製造

プロトタイピング技術

原型とは、ある種の製品を模倣したオリジナルモデルで、他の産業でよく使われている。プロトタイピングはプロトモデルとも呼ばれ、プラスモデルの別の形である。実際のシステムを開発する前に、原型を作り、その原型をもとに、システム全体の開発作業を次第に完成させていく。

画像引用元:http://www.woshipm.com/rp/930224.html

高速プロトタイピング技術は多学科にわたる新型総合製造技術である。20世紀80年代以降、コンピュータ支援設計の応用により、製品の造型と設計能力が大幅に向上しましたが、製品の設計が完了した後、量産前に、サンプルを作って設計構想を表現し、製品設計のフィードバック情報を迅速に入手し、製品設計の実現可能性を評価し、論証しなければならない。市場競争が激しくなっている今日、時間は効率だ。製品市場の競争力を高めるため、製品開発から量産に至るまで、コスト削減と速度向上が切に求められている。高速プロトタイプ技術の出現は、この問題の解決に有効な方法を与えた。

高速プロトタイピング技術は従来の部品加工の「素材→切削加工→完成品」を突破し、刃物を使わずに部品を作るという先駆けで、従来にない薄い層を重ねた加工法である。従来の切削加工方法に比べ、高速プロトタイピング技術には以下のような利点がある。

部品の溝、デコルテ、中空部分など、曲面とより複雑な形の部品を迅速に製造でき、新製品の開発コストと開発サイクルを大幅に低減する。

深センでの生産と製造は優越性があり、高速プロトタイピング技術も非常に優れている。カナダ籍の華人、Alex Chenと彼の兄のHarrisonは卓球ができるロボットを開発するため、彼らが実験室をトロントから深センまで運んで創業した。「ここでは毎週一つの原型製品を作ることができ、シリコンバレーでは一ヶ月から二ヶ月ぐらいかかるかもしれません」Alexによる。

資料引用元:

http://news.officese.com/2017-7-18/93431.html

https://baike.baidu.com/item/%E5%BF%AB%E9%80%9F%E5%8E%9F%E5%9E%8B/7432267

筆者:钟珮瑜

2019年4月8日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com