テスト

委託生産とOEMの利点

委託加工とは、原料と主要材料(又は生産提供単位で原料を調達すること)を委託先から提供され、受託者が補助材料の一部を代わりに代わり、委託先から要求された商品を加工し加工費を受け取る経営活動である。

ブランドの生産という言葉はOEMから由来する。中国ではよく違った角度から「カード生産」、「OEM生産」、「委託生産」、「委託加工」、「プレート製造」、「生産アウトソーシング」などと呼ばれている。さまざまな呼び方があるが、その本質は、ブランドを持つ企業がコストを下げ、輸送距離を短縮し、市場を先取りするため、ほかの企業に加工生産を依頼することである。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/%E8%B4%B4%E7%89%8C%E7%94%9F%E4%BA%A7/1231569

これらの生産企業に製品の設計パラメータと技術設備サポートを提供し、製品の品質、規格と型番などの要求を満足させ、生産された製品に委託先の商標を貼って販売する生産経営モデルである。OEMは社会分業の精密化によって発生する現象であり、代表的な事実は分業と細分化競争の思想であり、その最大の特徴はブランドと生産の分離を実現し、生産者に生産にもっと集中させ、ブランドの所有者は煩雑な生産事務から解放されることである。技術やサービスブランドの普及に焦点を当てている。だから、カード製造方式の実行メカニズムは、特別な委託代理フレームの下で、大規模カスタマイズ思想に基づいてサプライチェーン管理の生産モデルを実現することである。

メリット

(1)国際市場に進出し、国際競争に参加する

ここ数年、国内の家電などの業界の競争は日増しに激しくなり、市場は飽和状態になり、一部の国内の製造企業は市場を開拓するため、国外のブランドのために代行労働をしている。企業のグローバル意識を強めた。

(2) 規模生産、コスト削減

現代化された生産には大体規模の経済効果が存在し、生産規模の拡大に伴って単位コストの低下傾向が現れている。OEM供給への参加は生産規模の拡大を意味し、製品の販路拡大だけでなくコストダウンにつながる。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/贴牌生产/1231569

https://baike.baidu.com/item/%E5%A7%94%E6%89%98%E5%8A%A0%E5%B7%A5/3781636?fr=aladdin

筆者:钟珮瑜

2019年4月8日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com