深セン

商品のエージェント

国際貿易では、市場を開拓するために、深センから国外に輸出しても、深センなどのところに輸入しても、エージェントを通じて取引をする場合もよくある。

一般的には、エージェントはその業界の管理範囲で他人の依頼を受け、他人のために取引を促進または締結する事業者である。自社の商品を販売することではないので、普通では企業の代理手数料を稼ぐ会社なのだ。代理された商品の所有権は、依然としてメーカーに属する。

画像引用元:http://blog.sina.cn/dpool/blog/s/blog_8129e5b20102x637.html

エージェントは、主に総エージェント(全権エージェント)、独占エージェント、一般的エージェント、単一商号エージェント(一つだけの単一な企業のために代理業務に従事するエージェント)、区域的エージェント五種類に分ける。でも、国外でも深センなどのところでもエージェントを探す場合では、またはエージェントとして代理権限を受ける場合では、必ず各方面にも配慮して選択しなければならない。

正規の合法的会社を選ぶのは当たり前のことであるが、エージェントとして顧客の依頼を受ける時、商品の市場、価格、競争力、製品の品質、メーカーの実力と信用などの方面も注意する必要がある。また、メーカーがエージェントを探す時でも、エージェントの信用、影響力とマーケティング能力、代理権限の問題、自社製品の発展方向などの方面を注意する必要がある。

メーカーにとっても、エージェントにとっても、事前のマーケットリサーチは大切なのだ。より良い合作パートナーがあれば、より多くの販路を開拓でき、よりよく商品の販売を促進できる。

資料引用元:

https://wenku.baidu.com/view/275c40ac0c22590102029dc9.html

https://baike.baidu.com/item/%E4%BB%A3%E7%90%86%E5%95%86/849539?fr=aladdin

https://wenku.baidu.com/view/3794f4310640be1e650e52ea551810a6f524c898.html

https://jingyan.baidu.com/article/1612d500bdeda9e20f1eee54.html

https://zhidao.baidu.com/question/144367368.html

筆者:黄燕

2019年4月6日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com