製造

量産のために作られたプロトタイプ

プロトタイプ「英: prototype」は、デモンストレーション目的や新技術・新機構の検証、試験、量産前での問題点の洗い出しのために設計・仮組み・製造された原型機のことを指す。

例えば,携帯電話は量産前にキーパッドテスト「Keypad Test」のようなテストをプロトタイプで行う。テスト方法:携帯電話のプロトタイプの電源を切り、テスト用の機械に固定し,ナビゲーションキーやその他の任意のキーで10万回押してテストする。3万回、5万回、8万回、10万回になると、携帯電話のボタンの弾力性を一度ずつチェックする。これによってキー寿命のテストを行う。ほかに,落下試験「Drop Test」とか,気候適応試験「Climatic Stress Test」とか、様々な試験がある。

画像引用元:http://www.kkxtest.org/news/html/?566.html

プロトタイプのタイプによって、異なる実験方法と要求がある。しかし、どんなテストしたところで目的は量産後の製品はお客様の手に入った後、遭える様々な環境と状況をシミュレーションして、どんな反映が出るかと観察することだ。もし実験データが設計要求に満足しなければ,エンジニアたちはプロトタイプを要求に達するまで改造する。いずれの成功した製品も、実験と改良を重ねて作り出されたといってよい。

プロトタイプは量産を前提として作られたのだ。日進月歩の近代化技術は、プロトタイプに対する実験によって研究され、発現されて出てきたものである。

資料引用元:

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%88%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%97#%E9%9B%BB%E5%AD%90%E5%9B%9E%E8%B7%AF

http://www.kkxtest.org/news/html/?566.html

筆者:胡金成

2019年4月5日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com