表面

バレル研磨がうまく出来上がる秘訣

バレル研磨とは、ドラム形状のバレル容器に工作物、研磨石、コンパウンド、水を入れて、回転運動や振動を与えて研磨する加工法のことを指します。このバレル容器が運動することで、工作物と研磨石が擦れ合い、工作物全体を研磨します。このような作業をしてくれる機械はバレル研磨機と言います。バレル研磨機の種類から言うと、回転バレル研磨機と振動バレル研磨機、遠心バレル研磨機という三つに分かれています。回転バレル研磨機は簡単な操作や安い値段で一番よく使われています。しかし、大量生産に向いていないとか、なかなか自動化することができないのが回転バレル研磨機のデメリットです。そして、振動バレル研磨機のメリットとして、回転バレル研磨機と同じく操作しやすい上に自動化もできるし、大量生産にも向いています。デメリットとして値段が高いという点にあります。最後は遠心バレル研磨機です。操作が回転バレル研磨機と振動バレル研磨機より少し複雑ですが、加工時間が三つの種類の中一番短いし、自動化にするのも簡単ですから、値段がやや高いです。

バレル研磨がうまく仕上げるため、研磨機、研磨石、コンパウンドと研磨技術の四つの面に気を付かなければいけません。まず需要に応じて適切なバレル研磨機を選びます。そして、研磨機の特徴や加工物のサイズと形によって、研磨石を選びます。研磨石の硬度と密度は研磨機と合わないと、うまく研磨することができない一方、研磨機を損害する恐れがあります。最後は入れるものの比例です。研磨石が入れすぎると研磨機が壊れるかもしれません。研磨機にどれくらいの比例で研磨石を入れるかは品質や材料、形によります。一般の作業だと、5:1-6:1でいいです。

画像引用元:http://image.baidu.com/search/detail?ct=503316480&z=0&ipn=d&word=%E7%A0%94%E7%A3%A8%E6%9C%BA%E5%9B%BE%E7%89%87&hs=0&pn=0&spn=0&di=145723821760&pi=0&rn=1&tn=baiduimagedetail&is=0%2C0&ie=utf-8&oe=utf-8&cl=2&lm=-1&cs=974461396%2C3552150420&os=3077984454%2C810720123&simid=4090814588%2C646872506&adpicid=0&lpn=0&ln=30&fr=ala&fm=&sme=&cg=&bdtype=0&oriquery=%E7%A0%94%E7%A3%A8%E6%9C%BA%E5%9B%BE%E7%89%87&objurl=http%3A%2F%2Fimg010.hc360.cn%2Fm2%2FM02%2F53%2FB8%2FwKhQcVQmbAyEUKxdAAAAANu98wA891.jpg&fromurl=ippr_z2C%24qAzdH3FAzdH3Fkdk_z%26e3Bivnma_z%26e3Bv54AzdH3FetjoPtvfAzdH3Ff7rrsyfjsu_rtvfAzdH3Fdbdlba909_z%26e3Bip4s&gsm=0&islist=&querylist=

資料引用元:

https://www.weblio.jp/content/%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%AB%E7%A0%94%E7%A3%A8

https://www.kousakukikai.tech/barrel/

筆者:孔德珩

2019年4月4日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com