加工

フライス加工


汎用のフライス加工は、レベルフライス加工とエンドミル加工を含む2つの方法がある。

レベルフライス加工

レベルフライス加工機械は、各種の円筒フライス、円盤フライス、角度フライス、成型フライスと端面フライスで様々な平面、斜面、溝などを加工できる。

また、適切なフライス部品やツールを使用すれば、歯車、カム、円弧溝及びヘリコイドなどの特殊な形状を持つ部品だけでなく、万能フライスヘッド、円形のワークテーブル、分画フライスヘッドなどの付属品を加工することもできる。

エンドミルを入れれば、切削加工を行うことができ(エンドミルは特殊付属品である)、フライス機械の使用範囲をさらに拡大できる。レベルフライスは各種の機械加工工業に適している。

画像引用元:https://www.xianjichina.com/news/details_55087.html

エンドミル加工

一方、エンドミル加工はレベルフライス加工に比べると、主な違いは主軸が垂直に配置されることである。それ以外、エンドミル加工のワークテーブルは昇降されできる。

エンドミル加工において使用されるフライスは比較的柔軟性があり,適用範囲が広い。エンドミル、マシンチャック、ドリルなどがいつも使われる。レベルフライス加工においても上述のツールを使われるが、エンドミル加工より使いにくい。

エンドミル加工機械は常にレベルフライスヘッドを持っている。このレベルフライスヘッドは性能がレベルフライスヘッド加工機械より強くないが、レベルフライスヘッド加工に十分対応している。だからこそ、レベルフライスヘッド加工機械よりエンドミル加工機械のほうがかなり強い。

資料引用元:

https://zhidao.baidu.com/question/1708636321669110540.html

https://zhidao.baidu.com/question/438804385.html

https://www.xianjichina.com/news/details_55087.html

筆者:孔靖茵

2019年4月3日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com