成型

深セン工業技術展覧会から見る部品加工の現状

部品は機械を構成する基本的な要素である。一般的には二つの種類に分けられる。一つは各種のマシンで使える部品(ギア、シャフトなど)で、汎用部品と呼ばれる。もう一つは、一定のタイプのマシンでしか使用できない部品(例えば、銃器、プロペラなど)を専用部品と呼ぶ。また、、一部の共同作業中の共同作業で構成される部品組成体をコンポーネント(例えばカップリング、減速機など)と呼ぶ。

高品質の部品を作ることはすべての工業の基礎であり。品質の信頼できる部品がないと、品質の信頼できる完成車、完成機があり得ない。

3月4日、第1回深セン工業技術展覧会は深センコンベンションセンターで開催され、展示範囲は金属切削加工、金属板材加工、精密レーザー加工応用、精密部品、工業測定などを含む。この展示会は国際権威メディアデータ認証機構(BPA)が中国華南地区で認めた専門展示会であり、深センブランド展示会の一つであることである。

画像引用元:http://www.donews.com/news/detail/4/3040995.html

深セン工業技術展覧会には、広東港澳大湾区の精密加工部品精華企業を100社近く招待する予定である。精密加工部品製造技術は航空宇宙、医療機器、半導体、光学、3 C電子、自動車及び自動車部品などのハイエンド製造業における応用を集中的に示し、加工、注文分割、工程交流を一体とする実効交流プラットフォームを構築する。

今回の深セン工業技術展覧会の展示面積は13.1万平方メートルで、同種の展示会と同じだ。機械加工製造業の百強企業を含む28の国と地域の1600余りの有名な工作機械工具メーカーが北京に集まって、その中の海外展商は839社を申し込んで、国内企業は800社を申し込んで、展示面積はそれぞれ50%を占める。

現在、中国で機械加工市場の需要が著しく変化し、需要総量が著しく減少し、需要構造が加速・アップグレードする市場の新たな特徴がますます明らかになっている。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E9%9B%B6%E4%BB%B6/14493738#viewPageContent

http://www.dnkb.com.cn/archive/info/20190304/112844150710480_1.shtml

http://www.sohu.com/a/236764070_100043501

筆者:钟珮瑜

2019年4月3日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com