量産

マルチフォーミング プロセス

複合材料製造技術は現代社会で自動化とインテリジェント化の方向に向かって発展している。高速固化技術、複合材料部材の生産自動化、繊維自動巻き技術など、一つ一つの新技術の研究開発者である複合材料成形技術の長年の発展も人間の生活様式を変えている。

画像引用元:http://www.sohu.com/a/227640986_100097166

マルチフォーミング プロセスは複合材料工業の発展の基礎と条件である。複合材料応用分野の拡大に伴い、複合材料工業が急速な発展を遂げ、古い成形技術が日々向上し、新しい成形方法が次々と出現した。現在はポリマー複合材料の成形方法が20種類以上ある。通常の工芸は手糊成形、噴射成形、樹脂注入(RTM)、モールド成形(GMT、SMC)、真空導流成形プロセスなどがある。

選択された樹脂基体材料の違いによって、上記の方法は熱硬化性と熱可塑性複合材料の生産にそれぞれ適用され、いくつかのプロセスの両方が適用される。

マルチフォーミング プロセスの特徴

マルチフォーミングプロセスは他の材料加工プロセスと比べて次のような特徴がある。

  • 一般的に材料の製造と製品の成形が同時に行われ、複合材料の生産過程、すなわち製品の成形過程である。材料の性能は製品の使用要求によって設計しなければならないので、材料の選択、設計の配分、繊維の敷き層と成型方法の決定において、製品の物化性能、構造形状、外観品質要求などを満足させなければならない。
  • 製品の 成形は比較的に簡便である。一般的な熱硬化性複合材料の樹脂基体は、成型前に流動液体で、強化材料は柔らかい繊維またが織物である。そのため、これらの材料で複合材料製品を生産するために、必要な工程及び設備は他の材料よりも単純で多く、一部の製品では型を1セットだけで製造することができる。

資料引用元:

http://www.sohu.com/a/227640986_100097166

http://wemedia.ifeng.com/68044682/wemedia.shtml

https://jingyan.baidu.com/article/1709ad80400d594635c4f057.html

筆者:钟珮瑜

2019年4月3日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com