表面

復古港風回帰:フープは大きい

イアリングは耳飾りとも呼ばれ、昔の女性の飾りの一つで、耳につけていたアクセサリーである。材料の上で、イヤリングは金属がメインで、石、木、あるいはその他の似たような硬いものかもしれない。今では、プラスチックを素材としたイヤリングもある。フープは一種のイアリングで、耳たぶにかける輪のような飾りである。

今年のはやりは何でしょうか。2019年におしゃれな服を着ても、大きなイヤリングがなければ見劣りがする。そして、大きなフープを選らべば、自分の全体イメージに彩りを添えることができる。

20世紀80年代には、大きなイヤリングが流行していた。だから、大きなイヤリングは「港風」の象徴であり、その時代の流行りが戻ってきたと言える。そして、フープは永遠に流行する主役ですが、今年の材質はもっと自由で自然である。これはますますカジュアルになる服のシルエットと細部に関係がある。イヤリングは大きくになってもいいですが、材質と形が簡単でよいだとおもわれる。そうでなければ、あまりも盛大になる。プラスチックや天然素材をまねる大きな丸いイヤリングは人気である。

画像引用元:http://bbs.szhome.com/350-350010-detail-176844639-3273543-0-1.html

イヤリングの材質は多様ですが、細部はもっと想像力があふれている。例えば、いつも貴婦人感の真珠ですが、今は多くのものが丸くなく、形の違っているフープになる。ゴールドの素材のイヤリングにも、ラフな質感が加わり、「豪気」を抑える。キラキラとした華やかな耳飾りも流行っているが、もはや主流ではあない。

イヤリングは派手ならば、服のスタイルはシンプルにした方がいい。全体的な美のイメージを持つには、フープは今年につけなければならない。

資料引用元:

http://bbs.szhome.com/350-350010-detail-176844639-3273543-0-1.html

https://www.withloveco.cn/article/6087

https://baike.baidu.com/item/%E8%80%B3%E7%8E%AF/518879?fr=aladdin

筆者:钟珮瑜

2019年4月2日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com