加工

自動溶断加工の応用

自動溶断加工には当該する溶断マシンが必要となる。では、深センの多くの会社が生産している自動高周波同期溶接機を例にとって、自動溶断加工の応用を紹介しよう。

 

画像引用元:http://www.cngaozhoubo.com/show-37-55.html

 

自動高周波同期溶接機の動作原理は、電子管自励発振器によって発生する高周波電磁場を利用して、加工対象を上、下電極間の高周波電磁場において、その内部分子は高周波に振動されて、互いに高速に磨き上げて生んだ熱で溶断させ、鋳型の圧力の下で高周波の溶接の目的を達成する。それによって、先に溶接して機械の備える圧力の装置を通して同時に切断する。

応用領域

自動高周波同期溶接機は主に高周波溶接が必要で、同時に裁断しなければならない製品の加工に使われる。主にAPET、PETG、GAG環境保護材の両面吸塑バックのシール包装、プリスターカード包装、歯ブラシ密封包装、布類皮革、本革、OPP、PU、バンド、ストラップ、湯たんぽ、保温袋など溶接と溶断が必要なものに適用される。

自動高周波同期溶接機はモータ駆動を採用している。ヒューズマシンには高周波火花保護システムがあり、感度が高く、焼損防止高周波金型がある。そして、高周波周波数安定器と高周波遮断機が設置され、高周波数の干渉を最小化し、電波干渉を避ける。不正な動作による周波数のドリフトを回避し、電極と材料の損傷を最小限に抑えると同時に警告灯が光って警告する。 

特徴

型紙とプリスターは同時に溶接と切断して、同時に二つの工程を完成する。高周回路は設計を最適化し、デジタル・アンプ回路を採用する。このほかにも、APET やPETG材料に対しての溶断効果は素晴らしいだ。

 

資料引用元:

http://www.cngaozhoubo.com/show-23-28.html

https://baike.baidu.com/item/%E8%87%AA%E5%8A%A8%E9%AB%98%E5%91%A8%E6%B3%A2%E5%90%8C%E6%AD%A5%E7%86%94%E6%96%AD%E6%9C%BA/15744222

 

筆者:钟珮瑜

2019年4月1日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com