深セン/深圳

協力新時代

30年前、改革開放の初期、深センは「科学技術の砂漠」と呼ばれ、全都市にエンジニアが2人しかいなかった。30年後、深センは「革新の城」になり、ファーウエイ、ZTE、テンセントなどの大手企業がそこで孵化された。30年にわたり、革新という理念は深センの原動力となってきた。

2009年から今まで、深センは都市空間の賦存量によって発展し、自主的に革新する段階に入ってきた。新経済と革新産業の要素と論理的転換に適応し、クリエーター時代の「街区と都市の革新」の必要性を満たすために、深センはハイテク産業団地の発展に限らず、都市の範囲で産業空間要素、つまりコワーキングスペースを整理して再編成することを計画している。

この十年の間、深センでは多くの企業の製造部門が他の地域へ移転されつつあり、ファーウエイなどの深セン企業がエリア配置とグローバルの買収を計画しており、BYDなどの企業の産業移転区は「3+2経済圏協力発展地区」(深セン、恵州、東莞、河源、汕尾)に分布されている。その上「大沙河革新廊下」、ファーウエイ科学技術城、「国際的知識革新村」などの異なる尺度、内包豊富な革新機能ネットワークが統合して建設されたそうだ。

画像引用元:http://www.sohu.com/a/231147136_365037

さらに、今年提出された「広東・香港・マカオ」グレーターベイエリアの発展も注目されている。専門家の話の限りでは、香港には名門大学がたくさんあり、基礎的な研究能力が強いとともに、深センには活力的な産業が存在し、科学技術成果を変える能力が想像できない。

だからこそ、「広東・香港・マカオ」グレーターベイエリアを築く背景に基づき、両地は深セン・香港科学技術革新協力区で協力的な革新というプロジェクトを行い、特殊な科学技術革新管理制度と国際協力機序を実施し、人員、資金、技術と情報などの革新要素が国境を越える際にスムーズに流通させることができる。それは深センと香港の協力を新たなものにするだけでなく、グレーターベイエリアのために世界的な科学技術革新地域に新たなエネルギーを注入することを意味する。

画像引用元:http://www.luoohu.com/news-162590

資料引用元:

http://www.sohu.com/a/231147136_365037

http://www.luoohu.com/news-162590

筆者:孔靖茵

2019年3月29日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com