量産

フォーミング加工の原理

過去10年間で、フォーミング加工は消費財の美的基準、設計思想、機能要件を完全に変えてきた。また、医療機器メーカーもこの技術の潜在的な優位性を認識し、医療分野での応用を拡大している。フォーミング加工は「柔らかい表面」を作ることで有名とともに、それはまた人間工学に基づいたデザイン、二色の外観、ブランドの識別と機能の改善など他の多くの機能を持っている。この技術を用いることにより、製品の機能(騒音低減、衝撃吸収、防水、衝突回避)と付加価値を高めることができる。

フォーミング加工とは、2つ以上の異なる特性のある材料を結合し、製品価値を高めるのことである。その過程において、被覆材は、基本的な材料の上部、下部、周囲または内部に注入され、完全な部品が形成する。このプロセスは連続的に曲げとプレスの両方を行うことができる。または埋め込みを通し形成されることによって達成できる。通常に使用される被覆材は弾性樹脂である。

画像引用元:https://baijiahao.baidu.com/s?id=1623455925086440939&wfr=spider&for=pc

 

その上、急速な発展に伴い、様々な弾性樹脂が開発された。例えば、熱可塑性ポリウレタン(TPU)、スチレン−エチレン/ブテン−スチレンポリマー(SEBS)、コポリエステル、コポリアミド、熱可塑性ゴム(TPR)及び熱可塑性加硫ゴム(TPV)である。実用上、ポリプロピレンの基本的な材料に密着性の良いポリプロピレン系樹脂が一般的に選択されている。

さらに、樹脂材料の発展により、アクリロニトリル−ブタジエン−スチレン、ポリカーボネート、ナイロンなどの基本的な材料の選択性がますます拡大している。材料範囲の拡大は、軟性の高いデザインのためにより多くのスペースを提供する可能性をもたらす。しかし、新素材の応用は、材料接合、部品設計、金型操業などへ新たな問題をもたらす。

資料引用元:

http://blog.sina.com.cn/s/blog_1568ff30d0102xtsr.html

http://www.sohu.com/a/230452141_224490

https://baijiahao.baidu.com/s?id=1623455925086440939&wfr=spider&for=pc

筆者:孔靖茵

2019年4月2日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com