製造

モデル工場の操業フロー

モデルは工業生産で鍛冶などの方法で作られる産品の各種類の金型や工具である。簡単に言えば、モデルは製品を成形するツールであり、各種の部品から構成されている。モデルはそれぞれの部品で構成されていおり、主に成形された材料の物理状態の変化によって、製品の外形を加工することを実現することである。

 

画像引用元:https://www.findersoft.com/news/158.html

 

以下はモデル工場の操業フローについてのご紹介である。

1.請求書を受けた後、まず生産予測書を作成し、本意で注文量を定量することを確保するとともに、産品の数量、着工日、締め切りなどを予測し、そのゆえ、注文業務の正確性を高めることができる。

2.生産予測をしっかりと行ったら、生産計画を立てる必要がある。生産計画は企業の生産運営システム全体に関する方面の計画であり、生産任務に対する計画と産品の生産進度に対する手配だからである。

3.生産計画が完了したら、生産命令を作成することである。生産命令とは、企業がお客様の注文量と納期によって生産手配を行う書類のことである。

4.生産命令を作成した後、大部分の企業は生産能力が限られているので、一部の部品や工程は他の企業に委託して加工を行う必要がある。それゆえ、通常にはシステムの中で価格、原価計算、材料の出荷と回収などの統計作業を行う。

5.上記の4つのステップを通して事前の生産作業を適切に配置した後、生産配信を開始する。

6.生産スタッフは任務を受けた後、材料領収証を作成する。上司が審査する時に、倉庫スタッフは提示を受け、事前に材料を準備する。

7.生産・加工の過程で、進度報告は不可欠である。このようにすることで、生産命令の実行プロセスに常に注目し、生産の進度をリアルタイムに追跡し、生産活動をタイムリーに調整することができる。

8.生産・加工の手順が終わったら、産品に対する品質検査を行う。

 

資料引用元:

https://zhidao.baidu.com/question/1866098264666329147.html

https://zhidao.baidu.com/question/526292028.html

https://www.findersoft.com/news/158.html

 

筆者:孔靖茵

2019年3月30日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com