設備

シングルボードコンピュータ

シングルボードコンピュータ(SBC、Single Board Computer)は、コンピュータの各部分を一つのプリント基板に組み立てるもので、マイクロプロセッサ、メモリ、入出力インターフェースや、シンプルな七段階の発光ダイオードディスプレイ、キーパッド、ソケットなどの外部デバイスがあります。その機能はシングルチップコンピュータより強く、生産過程の制御に適しています。そして、直接に試験用基板上で操作でき、指導にも適しています。

画像引用元:https://baike.sogou.com/PicBooklet.v?imageGroupId=1604800&relateImageGroupIds=1604800&lemmaId=4105090#1604800_0

シングルボードコンピュータとシングルチップコンピュータの違い

シングルボードコンピュータとシングルチップコンピュータの最大の違いはシステムの構成にあります。

シングルボードコンピュータは、ミニコンの機能体系回路全体(CPU、ROM、RAM、入出力インターフェース回路及び他の補助回路)を一つのプリント電板に組み立て、プリント回路で各機能チップを接続します。

一方で、シングルチップコンピュータは、集積回路チップでCPU、プログラムメモリ、データ記憶装置、入出力インターフェース回路、タイマー・カウンター、割り込みコントローラ、A/D変換器、D/A変換器、モデムなどの部品を集積します。

シングルボードコンピュータの用途

シングルボードコンピュータは体積が小さく、コストが低いなどの特徴を持つので、大量に生活設備の現代化に使われています。例えば、我々の日常生活でのスマート電器、自動車などです。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E5%8D%95%E6%9D%BF%E6%9C%BA/9705411?fr=aladdin

https://baike.sogou.com/v4105090.htm

https://zhidao.baidu.com/question/165860447.html

筆者:林依玫

2020年11月29日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com