テスト

深センのG11プロジェクト

538億元の総投資を受けた華星光電G11プロジェクトは、2016年12月に深セン市光明新区で建設を始めされました。これは深センが投資額が最大の工業プロジェクトであり、2019年3月に大量生産することを計画している。

華星光電G11プロジェクトが完成した後、世界で最大の液晶パネル生産ラインとなり、さらに中国のTFT-LCD産業における市場シェアを拡大し、パネルサイズを豊かにさせ、大規模でハイエンドの表示製品で中国の市場空域を補い、そして中国の製造業への転換とアップグレードに重要な意義を持っていることが期待されている。

その同時に、ガラス基板工場などの肝心なゼロコンポーネント、原材料メーカーを導入し、パネルの産業チェーンをさらに整備させ、まさに石英砂から整機製品まで製造された完全なデジタルテレビ産業チェーンを実現することができる。

画像引用元:https://www.sohu.com/a/206194609_212602

今回のG11プロジェクトが「十大」特徴を持っているという。

1.投資された金額が多い

華星光電G11プロジェクトは538億元の総投資を受け、深センが投資額の最大の工業プロジェクトである。

2.敷地面積が広い

敷地面積は103.4万平方メートル、145個の標準サッカー場の大きさに相当する。

3.モノマーそのものの面積が広い

1期の建築面積は60万平方メートルであり、完成された後、全世界で最大のモノマー面積の電子クリーン工場となる。

4.単層面積が広い

単層面積は14万平方メートルである。

5.単層が高い

最大の単層の高さは16.4メートルである。

6.主柱の距離が広い

最大の主柱の距離は24メートルである。

7.鋼材の用量が大きい

鋼材の用量は合計3.2万トンでである。

8.土地整備の面積が広い

3ヶ月にかけて91の建築物を解体し、50万平方メートルの土地整備を完了した。

9.工事の難易度が高い

100万平方メートルの大工場で多くの地域が同時に施工され、平面管理及び交通の問題を解決することが困難である。

10.仕事の規模が大きい

プロジェクト管理者は160人に達し、最高峰の期間には現場で7000人余りが併設されている。一番多いときにはのべ7000人余りが施工にあたった。

資料引用元:

http://www.58display.com/article/zixun/599.html
https://shenzhen.sina.cn/news/f/2016-12-01/detail-ifxyiayq1896079.d.html?from=wap
https://www.sohu.com/a/206194609_212602

筆者:孔靖茵

2019年3月26日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com