設備

表面形状測定機

表面形状測定機は物体の輪郭、二次元サイズ、二次元変位をテストして検査する計器で、精密測定機として自動車製造と鉄道業界で広く応用されています。

画像引用元:https://baike.baidu.com/pic/%E8%BD%AE%E5%BB%93%E4%BB%AA/3608639/0/cdbf6c81800a19d850e9 06913afa828ba71e46b8?fr=lemma&ct=single#aid=0&pic=cdbf6c81800a19d850e906913afa828ba71e46b8

表面形状測定機は各種の精密機械部品の直線度、角度、凸度、対数曲線、溝深、溝幅などのパラメータを測定できます。機械加工、電機、精密工具、刃物、金型、光学部品などの業界に広く応用されています。また、科学研究院、専門学校、職場に適用され、そして軸受、ニードル、モータ軸、ピストンピン、ピストン、油圧部品、紡績機の部品なども測定できます。

表面形状測定機はセンサー、駆動ボックス、電気ボックスなどの3つの基本的な部品から構成されています。センサーのテストピンはダイヤモンドで作られます。ピンの尖端の円弧半径が2ミクロンで、後端にガイドブロックが埋め込まれています。ピンの変位がセンサーケースに対してのみ上下に動かせるので、ガイドブロックはマクロ幾何学的誤差を除去して、リップルが表面粗さの測定結果に対する影響を低減することもできます。

電気表面形状測定機はセンサーの作業原理によって、インダクタ式、誘導式、圧電式などの種類に分けられます。電気表面形状測定機は測定器のピンとテストされた表面の移動を通して測定するので、接触測定に属しています。その主な利点は、穴や溝の表面粗さなどの測定しにくい部品表面を直接に測定することができます。また、直接にある評判基準によってパラメータを読んで、または表面の輪郭形状を描くことができて、そして測定速度が速くて、操作も便利です。

資料引用元:https://baike.baidu.com/item/%E8%BD%AE%E5%BB%93%E4%BB%AA/3608639?fr=aladdin

筆者:何桃紅

2020年6月14日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com